製造業の若手技術者を自発的に行動し、課題解決できるエキスパートに

新着コラム

若手技術者の視野を広げる ためには

2017.08.21 (月)

若手に限らず技術者というのは自分の専門的な部分にのめり込みがちな性格の方が多いため、 仕事の視野が狭 … 続きを読む»

若手技術者に対する 理想的な指導者

2017.08.07 (月)

今日のコラムでは若手技術者に対する 理想的な指導者 について述べてみたいと思います。   … 続きを読む»

思い込み の激しい若手技術者への対応

2017.08.02 (水)

理系、文系という分け方そのものは国際的にはあまり一般的ではありませんが、 日本ではよくこのような分け … 続きを読む»

技術の伝承 に必要なものは何か

2017.07.31 (月)

  様々な所で語られることの多くなった 技術の伝承 問題。 団塊世代の定年により、技術力低 … 続きを読む»

やりたいことができない という発言をする若手技術者

2017.07.28 (金)

3年目までの若手技術者が 「今の職場では やりたいことができない 」 と発言する場面に直面することは … 続きを読む»

製造業の新人/若手技術者育成プログラム・コンサルティング

新人や入社2~3年目の主に製造業に従事する若手技術者を対象とした法人向け人材育成サポートを行います。 製造業の若手技術者が一刻も早く会社組織の文化に溶け込み、OJTにて仕事の基礎を覚え、モノづくりの専門的な仕事で成果を出すことは、企業が自社製品の技術的優位性によって利益をあげるにあたり重要です。人材育成プログラムやコンサルティング通じ、この目標に到達するための思考法を徹底指導・サポートします。 育成対象者を製造業の技術者に特化することで技術者の考え方の癖を考慮し、技術者が受け入れやすい内容であることを重要視しています。また、コンサルティングを通じて、育成教育内容を現場浸透させるための継続的なサポートを実施します。

仕事に行き詰った技術者に対する相談&サポート

「自分はこの仕事に向いていない」 「仕事を進める能力が無い」 仕事の行き詰まりでお悩みの技術者が、自信を取り戻して仕事に前向きに取り組めるようサポートします。 技術者は理科系科目中心の勉強をしてきているため、「専門知識第一」の考えを持っています。この考えが、実は自分の精神的な部分や状況を分析し、現状を打開するという立直りプロセスの邪魔となるのです。 技術者固有の考え方を理解した上で、「自身の強み」と「周辺状況」の客観的な分析を軸に、仕事に行き詰った技術者が立直るための思考法をお伝えします。

若手技術者向け育成・悩み解決コンサルティングメニュー

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP