若手技術者育成コンサルティング

 

技術者人材育成システムの構築と維持サポートがコンサルティングの中心

 

若手技術者の人材育成システムを社内に構築することは、成果を生み出す技術者を継続的に育成するという点で極めて重要です。



 



コンサルティングにおいては、弊社が所有するノウハウをベースに、御社の状況に即した「若手技術者人材育成システム」の構築とその維持をサポートします。弊社の技術者育成プログラムのコンセプトについては「若手技術者育成プログラム」のページをご覧ください。



 

技術者人材育成システムにおいて重要なのは以下の3点です。



 

 – 社員に負担をかけずに無理なく続けられる「持続性」

 

 – 一般社員向けではなく、育成対象者を技術者(技術職の社員)のみに絞るという「特化性」

 

 – 変化する状況に応じて修正ができる「柔軟性」



 

技術者人材育成システム構築と維持するにあたっては、この3点を重視しながらも基軸のコンセプトから外れないようバランスを取るということが重要になるため、コンサルティングによる第三者視点が必要となります。



技術者人材育成コンサルティング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

技術者の育成には、技術者に特化した人材育成システムが必要



 

製造業において、多くの技術者の育成に携わってきた経験として、技術職として採用された「技術者」は一般的な人材育成研修(ビジネスマナー、コミュニケーションスキル、マネジメントスキル等)への関心が低く、習得レベルも低い傾向があります。



 

技術者が「知っている」のか、「知らない」のかですべての価値を決めてしまう「専門性至上主義」を持っている、師弟関係がベースの職人気質の環境下といった閉鎖空間で育成される傾向がある、といったことが上記の一因であると考えます。



 

そのため、技術者を対象とした技術者育成システムは、「技術者に受け入れられる内容である」というのが技術者へシステムを浸透させるための大前提となります。



 

技術者人材育成コンサルティングは、自身も技術者としての製造業の企業にて勤務経験と技術者育成経験、並びにクライアント企業での技術顧問として専門的助言と技術者育成経験を持つ、実務経験豊富なコンサルタントが行います。このため、技術者が納得して受け入れる内容であるか、ということを十分に配慮しながら進めていきます。



 

 

技術者の所属する社風も考慮



 

製造業の技術者は職人気質の人材が多いため、各社の社風が技術者のタイプに影響を与えている場合があります。



 

コンサルティングを開始する前の事前打ち合わせでは、御社の社風と、所属する技術者の傾向についてもヒアリングをさせていただき、それらの情報も技術者人材育成システム構築、維持を行うにあたっての参考にします。



 

このような技術者人材育成システムの柔軟性も持続させるために重要です。

 

 

技術者育成システムの対象者は30歳前後までの若手技術者に特化

 

製造業における技術者育成に関する教育は、概ね「30歳前後までの若手技術者」に対して集中的に行うことが、育成成果を最大化するために重要です。これは、技術者がある程度の年齢を重ねると自らの経験をベースにした自分の考え方に固執し、他の意見を受け入れにくくなる傾向が極めて強いためです。

 

「鉄は熱いうちに打て」

 

の考え方で、柔軟性と許容性が高い若いうちに技術者教育を施し、その後育成システムとして継続的にフォローしていくという体制をコンサルティングを通して構築していきます。

 

 

若手技術者人材育成コンサルティングの目指す成果



 

会社の中で長く継続する若手技術者人材育成システムを構築すること

 

技術者人材育成システムによって育成される技術者が会社に対して利益を継続的に生み出す技術を創り出せること


これらが特に重要視する成果です。



 

会社にとって最大の資産は「人材」であり、技術者をかかえて独自技術で付加価値を見出し、お客様に喜んでいただくことで利益を上げようと考える企業にとって、技術者はその「要」となります。

 

 

若手技術者人材育成コンサルティングをご検討いただくにあたって



 

本コンサルティングをご検討いただくにあたっては、御社のご要望、状況などを中心に一度お話をお聴かせください。



 

基本的には御社に直接お伺いさせていただいた上で打ち合わせを行いますが、ご要望に応じweb会議などのオンラインでの打ち合わせも可能です。



 

お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせの際は、こちらのお問い合わせフォームからお願いいたします。

 

 

お問い合わせ・ご相談はこちら

お問い合わせ

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP