新人若手技術者育成プログラム

若手技術者育成プログラムの考え方

1.若手技術者育成プログラムの特徴

本プログラムの特徴は、下図で示す4点です。

A.製造業に従事する若手技術者に特化
本プログラムは、製造業(メーカー)に従事する若手技術者を対象としているため、技術者にとって受け入れやすい内容となっています。入社2~3年目までの若手技術者をターゲットにしているのは、技術者固有の「職人思考」が出来上がる前の柔軟性が高い状態で教育を施すことが重要である、という実績に基づいています。

B.多様性考慮
個々人の性格やタイプ、さらにはおかれている状況は千差万別。課題を講師がフィードバックすることで、この多様性に対応した助言を行います。

C.指導者教育
若手に対する育成指導はその若手のみが対象で終わるのが一般的ですが、指導者側の教育も不可欠です。本プログラムでは若手技術者の指導は技術者が行う場合が多い、ということを考慮し、技術者を育成するための技術者教育もセットで行います。

D.実践重視
学んだことは実際に職場で実行して初めて血肉となります。アフターフォローをご要望頂いた場合、どのようにして学んだことを実際の職場に落とし込むのか、というコンサルタントを継続実施いたします。
新人/若手技術者育成プログラムコンセプト

2.新人/若手技術者育成プログラム講師の特徴

自らも製造業での技術者の実務経験をもち、現役の企業技術顧問として活躍する講師が技術者育成プログラムを行います。

技術者集団を擁して自社製品やサービスで付加価値を市場に提供することを目指すにあたり、それを支える技術者はその土台です。よって、技術者を抱える企業にとって「技術者の育成」は人材戦略の観点から喫緊の課題であるのは間違いありません。

しかしながら、一般社員向けの新人教育、育成研修は非常に多く存在しておりそのメニューも多彩な一方、製造業において技術職として採用された「技術者」に特化した育成プログラムというのはほとんど存在しません。

そのため企業の人事担当者は、技術者人材育成に関して以下のような悩みを抱えることが多いようです。

–  技術者が独りよがりで、コミュニケーション力も不足し、チームとして機能しない

–  新価値を生み出すような新しい技術を提案できない

–  自分では考えず、言われた仕事だけをやる受け身な技術者が多い

-  そもそも「技術者人材育成」をどうしたらいいのかわからない

その一方、多くの製造業の企業が求める「理想の技術者像」というのは以下のようなものです。

–  課題を自分で見つけ、必要に応じて周りと協力しながらそれを自発的に解決することができる

これら理想と現実のギャップを埋めるためには、考え方の基本から変えるような育成プログラムの実施が欠かせません。

講師自身も、技術者として企業の従業員だったころにコミュニケーション研修、管理職研修などを受けました。しかし、技術者として自らのプロジェクトで研究開発を進め、さらに多くの部下を育成するという実体験を通して気が付いたことは、

–  技術者は考え方に共通の癖をもっている

ということでした。技術者の育成にあたってはこの癖を理解した上で進めることが第一歩となります。

そして講師は現在、複数企業の技術顧問として専門技術の指導、助言を行っていますが、それらを現場に浸透させ、具体的な成果に結びつけるためには、技術者ひとりひとりの教育が極めて重要と感じています。実際、クライアント企業様からも技術指導だけでなく、技術者育成を行って欲しいという要望が多く寄せられます。

技術者育成プログラムでは、自らの職歴と現在の企業指導の経験から技術者の考え方をよく知る講師が、企業の考える「理想の技術者像」に到達するための考え方とその実践方法に関する情報を提供し、その企業の技術者組織が、「自発的な課題発見・解決と、新価値を生み出し続けることができる集団」になるための支援を行います。

育成プログラムの目指す成果

技術者育成プログラムは、新人/入社2~3年目の製造業の技術者を主な対象者として進めていきます。

そして、この育成プログラムでは上述の対象技術者の「指導者」に該当する中堅社員への研修もあわせて実施します。これは、若手だけの意識改革で組織を変えるのは難しい、という実体験に基づくものです。

以下に、育成プログラムの概要を示します。会社の考える理想像の浸透と技術者の苦手な「書く力」の鍛錬という基礎の上に、新人/若手技術者とその指導役である中堅技術者という両者の意識改革を行っていきます。

新人/若手技術者育成プログラムが目指す成果

学んだことを実体験に

学んだ時にはモチベーションも上がり、変化の兆しがでるもの。しかしながら、時間が経過するごとに状況は以前の状態に戻っていくのが普通です。

育成プログラムで学んだことを身につけるためには、実業務で学んだことを「実践する」しかありません。

継続フォロー契約(コンサルタント契約)を頂いた場合、育成プログラムに参加いただいた技術者とその指導役の中堅技術者が実際に進めている仕事を題材に、育成プログラム内容で得られたことをどう応用すべきか具体的な助言とフォローを実施いたします。

 

 



育成プログラムで学んだ内容を実践する

 

 

基本コンセプトをベースに詳細はカスタマイズ可能

技術者育成プログラムは、製造業の技術者に特化したプログラムであるため基本コンセプトがあります。

しかしながら、実際にその内容をプログラム受講者に対して落とし込むにあたっては、会社の文化、考え方などを尊重し、カスタマイズする必要があります。

事前打ち合わせにおけるヒアリングに基づき、ご要望をお聴きした上で、教材の詳細についてカスタマイズすることが可能です。

若手技術者人材育成コプログラムをご検討いただくにあたって

本プログラムをご検討いただくにあたっては、御社のご要望、状況などを中心に一度お話をお聴かせください。

基本的には御社に直接お伺いさせていただいた上で打ち合わせを行いますが、ご要望に応じweb会議などのオンラインでの打ち合わせも可能です。

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

メールアドレス

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP