コンサルティングメニュー

FRP Consultant 株式会社、技術者育成事業の コンサルティングメニュー は、「技術者育成コンサルティング」、「製造現場改善コンサルティング」、「新人技術者研修」という以下の3つを柱にしています。

 

コンサルティングメニュー

技術者育成コンサルティング 製造現場改善コンサルティング 新人技術者研修

 

 

( The image above is licensed by Engineering Development Laboratory. )

 

上記画像中の3事業は、それぞれ各事業の詳細ページにリンクしています。

 

 

以下、概要を示します。

 

 

 

 

 

 

技術者育成コンサルティング

 

技術者で構成されるチームの技術者育成体制を構築したい

 

自社の技術部隊を新しい技術を恒常的に生み出すエキスパートチームにしたい

 

といった、企業内の技術者で構成されるチームを技術的に強くすることを目的としたサポートです。

 

技術者や元技術者であるマネジメントと現場の技術者の情報のやり取りを活字媒体にすることでコミュニケーション精度を高めると同時に、技術の蓄積を推進する体制を構築します。

 

上記の社内に関する取り組みと同時に、技術情報をわかりやすく積極的に発信するという技術情報発信型マーケティングにより市場ニーズを把握し、そのニーズと自社技術の優位性を踏まえた新規技術テーマ創出という社外的な取り組みをルーチン化します。

 

技術者育成コンサルティングについての詳細はこちらのページをご覧ください。

 

 

 

 

製造現場改善コンサルティング

 

生産性向上に向け、工程を改善したい

 

工程改善の取り組みが持続するようなしくみをつくりたい

 

といった、生産・製造現場でのサポートです。

 

 

生産・製造現場における工程改善は、製造業を生業とする企業の土台ともいえる極めて重要な業務の一つです。

 

しかしながら生産・製造現場での工程変更を含めた改善への取り組みは、感覚論からはじまるものが多い上、改善に向けた変更の記録が残っていないために履歴が伝承されないなど、継続的な企業文化とするには課題もあります。

 

 

本サポートでは、工程改善に向けた工程変更の取り組みに統計学、材料力学、分析学、有機化学などの専門的かつ、実用的な基礎知見の習得とその実践、並びに技術評価計画の立案などの評価の繰り返しや抜け漏れを最小化するための、教育マネジメント体制の構築を狙います。

 

 

製造現場改善コンサルティングについての詳細はこちらのページをご覧ください。

 

 

 

 

新人技術者研修

 

新入社員に対して理系大学生から企業の技術者へと意識改革をしたい

 

技術系新入社員の受け入れ研修を行いたい

 

新入社員である技術者を即戦力にするための基本スキルを教育したい

 

といった、新しく入社した技術系社員に対する初期教育を主体とした教育プログラムです。

 

 

一般的な新入社員研修では職種に関わらず共通の話をすることが一般的だと思います。

 

本プログラムは受講者が技術者(技術系社員)のみが対象であるという前提で組み立てられたプログラムとなっており、多くの技術者が陥りがちな「専門性至上主義」、読む、聴く、話すといった基本スキルを技術者がみにつけるために必須の「技術報告書の書き方」、技術者が陥りがたいなプレゼンテーション技術の傾向等、技術者固有の特徴の理解とそれを踏まえたスキルアップを座学だけでなく、課題演習とその場での解説を通して各種スキル習得を目指します。

 

新人技術者研修についての詳細はこちらのページをご覧ください。

 

 

 

お問い合わせ・ご相談はこちら

お問い合わせ
⇑ PAGE TOP