栃木県の主催する若ものづくり ネットワークセミナー に登壇しました

本年度も昨年度に引き続き、
栃木県 産業労働観光部 工業振興課 ものづくり企業支援室 の主催する、

 

「若ものづくり ネットワークセミナー」

 

に登壇しました。


本年度は前年度よりも1回増えて、全4回の登壇でした。


これは栃木県が進める、

 

とちぎ産業振興プロジェクト推進事業 重点新興産業分野別プロジェクト
 

の一部であり、異業種の若手技術者のネットワークを広げることで企業間協業を促進し、
県内企業の振興を後押しする、というものです。


栃木県庁の中でもこのプロジェクト推進チームメンバーの方々は非常に積極的かつ柔軟性があり、
弊社が提案した様々な前衛的な企画にも取り組んでいただきました。

 

ネットワークセミナーの中では、
技術者のベーススキルに関する話を中心にスキルアップセミナーを行った後、
最終回ではそれらのスキルを用いた実践のセミナーを行いました。


本年度も登壇を依頼いただいた栃木県庁に感謝します。

 

若手から中堅の方までご参加いただきましたが、
日々の業務ではなかなかベーススキルを底上げするというわけにはいかず、
また組織にいる故、顧客目線という第二次産業で必須ともいえる視点がなかなかみにつけられていない、という厳しい現実に直面している方も多くいらっしゃいました。

 

このような現実から目を背けず、課題に取り組むその姿勢は素晴らしいと思います。

 

昨年度よりも企画を一部見直したこともあり、
最終回では聴講者側から実践的な企画提案をしてもらい、
場合によってはそれを即実行する、というアグレッシブなものにしました。


聴講者の方も極めて熱心に取り組んでいただいた事もあり、
なかなか興味深い提案もありました。

 

受講者の中には技術ではなく営業の方もいらっしゃったため、
より幅広い提案を期待したいところではありましたが、
限られた時間ということもあり若干無難な提案に終始していたかもしれません。

 

 


いずれにしても、このような取り組みが他の都道府県にも広がることで、
地元企業のネットワーク構築の一助になればと思っています。


 

にほんブログ村 経営ブログ ものづくり・製造へ

 

にほんブログ村 教育ブログ 教育情報へ
 

サイト内検索

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP