若手技術者が指示事項を理解したのかわからない Vol.085

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

技術者を指導する方へおくる

 「若手技術者人材育成の悩み解決メールマガジン」Vol.085 2019/4/29

                        (隔週月曜日発行)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※このメールマガジンは送付を同意された方のみにお送りしています。

ご不要の場合は、このメールの末尾にて、読者登録変更・解除が可能です。

 

<目次> ━━━━━━━━━━━━━━━━

・今週の「製造業の若手技術者育成ワンポイントアドバイス」

・編集後記

 

<今週の「製造業若手技術者育成ワンポイントアドバイス」> ━━━━━━━━━━━━━━━━

– 若手技術者が指示事項を理解したのかわからない

という悩みについて考えてみます。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今日のワンポイントは、

「若手技術者が指示事項を理解したのかわからない」

という時には、

「その指示事項を活字で書かせることで理解したかを確認する」

ということを心がけてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

若手技術者に業務指示をしたところ、
本来やってほしいと思ったことからずれた仕事の進め方をしてしまい、
実験のやり直しを指示した。

若手技術者への業務指導で良くある話です。

例えばある実験をしてデータを取得してほしい、
という指示があったとします。

ある程度のやり方を指示した上で、
欲しいデータがどのようなものなのか伝えるというケースが多いでしょう。

 

化学系であれば原料を購入の上、化合物を合成する。

機械系であれば、評価体に荷重をかけて変位や破壊を見る、
といったことが代表例です。

しかしこのような指示に対して、
技術者はある特有の思考を働かせることがあります。

 

それが、

「自分の興味のあるところ、わかるところだけにこだわりを見せる」

ということです。

 

指示した側の心理としては、

「自分が本来やらなくてはいけない仕事のうちの一部を若手技術者にになってもらい、時間捻出したい」

ということが主背景であることがほとんどで、
若手技術者が何かを理解していること、
そこにこだわりを見せるということについて、
それほど重要視していません。

 

もちろん若手技術者の興味を把握し、
それに該当する仕事を行うチャンスを与えるのも大切なマネジメントですが、
まずは指示事項に対して的確なアウトプットを出すという組織業務に貢献できる基礎力をつけることが、
技術者の育成では圧倒的に優先順位が高いのです。

 

話を元に戻しますが、
上記の通り若手技術者は自分がわかるところについて、
特に強いこだわりを見せる傾向があります。

 

この背景にあるのは、

「自分は専門性がある」

という専門性至上主義の考え方です。

 

「知っている」ということが絶対正義と思い込んでいる若手技術者は、
指示事項の中で自分のわかるところについて集中することで、
全体を俯瞰してみるということが苦手なケースが多いのです。

 

結果として、出てきたアウトプットが

「指示した内容に対して不十分である」

という状況になります。

 

上記の状況は若手技術者にとっても不幸であることはもちろんですが、
何より人件費をかけて雇っている企業にとって、
業務効率と若手技術者を指示する側のモチベーションを大きく低下させることとなります。

 

このような状態を打破するために効果的な業務の進め方として、

「その指示事項を活字で書かせることで理解したかを確認する」

というものがあります。

 

言葉は話したそばから消えていきます。

このため、上書き、補足が非常にやりやすい。

結果として指示事項がわかっていなくてもわかっているように外から映ることもあります。

しかし、指示事項を活字で書けと言われると、
本当に理解していなければ絶対に書けません。

 

技術者の多くが苦手とする論理的思考力の差が最も出るのは、

「自らの理解、考えを活字化する」

ということです。

 

新人技術者には手書きで指示事項を書かせるのが必須ですが、
ある程度年数がたった技術者であればソフトやアプリで問題ないでしょう。

活字化すると上書きされたことはそこから消去されてしまう上、
補足をしようとすると必要以上に文章が長くなり、読む側が

「話が整理できていない」

ということが見えるようになります。

 

活字化させるのは指示した直後が最適です。

 

目の前で書かせ、
それを確認した上で、
指示した側の欲しいアウトプットと、
そこに至る経緯がずれていなければ、
若手技術者が誤ったこだわりを見せることも減少します。

さらに言うと活字化したメモは、
若手技術者にとって業務を振り返る確認にも活用できるため、
業務精度を上げるといういい副作用もあるでしょう。

 

若手技術者が指示事項を理解したのかわからない、
ということを感じた場合のご参考になれば幸いです。

 

<編集後記> ━━━━━━━━━━━━━━━━

先週末は平成最後の飲み会と称して、
前職で知り合った同年代の技術者たちとの飲み会がありました。

元々は同じタイミングで階級が上がった際に受けた研修で、
たまたまグループが一緒だったというところから早5年以上の付き合いです。

技術者といっても研究開発をやる人もいれば、
量産工場の品質部門に居る人もいて様々ですね。

さて私の年代で会社勤めをしている人で多い話題はやはり、

「管理職への昇格やその仕事の意味」

といったことです。

技術的専門性を高めながらも管理職という立場を受け入れ、
自らの地位を確立していくというのはこの年代固有の悩みとも言えます。

そんな中でも前向きに仕事に取り組みつつ、
世の中を騒がす製品の上市待ちまでフェーズが上がってきた、
という話も出ていました。

素晴らしい仲間と出会えたことに感謝したいと改めて認識した、
楽しい夜でした。

 

 

・ 著書情報━━━━━━━━━━━━━━━━

”技術報告書”書き方の鉄則 独り立ちを目指す技術者の盲点 Kindle版
https://goo.gl/ARozMd

技術者が「自分の名前」で輝くための自己マネジメント力 企業に勤める技術者に必須 Kindle版
https://goo.gl/35EaQm

技術者が自信を取り戻すための7つの思考法 仕事に行き詰まりを感じた技術者必読 Kindle版
https://goo.gl/iV8iun

 

 

・ 読者登録変更・解除について━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールマガジンは自社配信システム及び「まぐまぐ」を利用し、
読者登録された方のメールアドレスに自動でお送りしています。
読者登録にお心当たりがない場合や解除したい場合は下記URLにてお願いします。

まぐまぐの配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001644040.html

==================================
・メルマガ名 「若手技術者人材育成の悩み解決メールマガジン」
・責任者名  FRP Consultant 株式会社 技術者育成事業部 吉田 州一郎
・責任者メール info@engineer-development.jp
・オフィシャルサイト http://engineer-development.jp/
==================================

サイト内検索

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP