技術者のチームミーティングで若手が発言しない Vol.082

 

 

今日は チームミーティングにおける若手技術者が発現しないということについて考えてみたいと思います。

 

 

 

技術者にとっての チームミーティング の意義とは

 

 

技術者の集まりであるチームミーティング。

 

ここは技術者の発表スキル、
そして何より技術的な議論を深めるために必須の場所です。

 

効率を重視し、技術者のチームミーティングを軽視する企業もありますが、
長い目で見れば要素技術に対する知見が育たないという観点で、
技術者のチームミーティングを軽く見ている企業は必ずジリ貧になります

 

 

このようなキーとなる要素技術を育てるには、
技術者間の闊達な議論が必要です。

 

 

 

 

チームミーティングにおける若手技術者の振る舞いの問題と対策

 

しかしながら一般的に若手技術者はそのような議論に加わらず、
ただ聴いているという状況になりがちです。

 

特に、いわゆるエース級と呼ばれる実績ある技術者がいる場合、
その技術者の言うことを他の技術者が黙って聞く、
という形になりがちで、これではそのエース以上の技術者は出てこなくなってしまいます。

 

このような時に必要な取り組みとして、

 

「若手技術者を積極的に発言させる」

 

というものがあります。

 

 

とはいえ、技術的なものを知らない、
といううしろめたさもあって、若手技術者が積極的に発言することは無いでしょう。

 

このような時に必要な取り組みとして、

 

「君はどう思うか」

 

と水を向ける、ということがあります。

 

 

ここまではできている企業もそこそこあるのは事実です。

 

しかし、ここでいくつかの問題があります。

 

 

 

一般的な企業のミーティングで見られる若手技術者への対応

 

 

この問題として認識する必要があるのは、若手技術者の意見を言わせた際、その多くが、

 

「知らないことに対して批判する」

 

という意図があるケースが殆どだということです。

 

 

 

若手技術者が知らないということは、
経験が無い以上、致し方ない部分が多いのではないでしょうか。

 

「自分の若い頃は…、」

 

「自分が入社したての頃は….」

 

と自らの経験を引き合いに出す技術者は多いですが、
当の本人が思っているほど、目の前の若手技術者とその方は違いません。

 

 

そのような自己満足に動くのではなく、技術者の育成を本気で考えるのであれば、

 

「君はどう思うか」

 

という発言と同時に、

 

 

「相手の言い分を批判せずに最後まで聴く」

 

 

ということを徹底することが重要です。

 

 

 

 

明らかに違っていれば、それは違うという指摘に加え、

 

「なぜならば○○だからだ」

 

と「訂正」してあげればいいだけです。

 

 

 

「お前はそんなことも知らないのか」

 

 

といった発言は当の本人は意図しなくとも、
発言を受けた若手技術者は、

 

「自分の発言は批判されている」

 

と捉える方が多数です。

 

 

そうすると、

 

 

「何か言うと批判されるから、発言しなくてもいいや」

 

 

という逃げの考えになってしまうのです。

 

 

 

これは若手技術者の短絡的な考え方として修正すべきところです。
ここは叱るべきポイントでしょう。

 

しかし、それと同時に技術者が複数集まるチームミーティングで、

 

 

「君はどう思うか」

 

 

ということを問いかけた後、

 

 

「批判せずに最後まで意見を聴けたか」

 

 

という点についてはチーム全体として考えなくてはいけないことでしょう。

 

 

 

批判せずに聴いてもらうとうことで、

 

 

「若手技術者が自分の考えを述べることに価値がある」

 

 

と気が付きます。

 

 

 

 

この気づきこそが、自己鍛錬の原動力の一つとなっていくのです。

 

 

 

技術系企業の肝となるのは、

 

 

 

「要素技術」

 

 

 

です。

 

 

この要素技術は経験豊富な技術者に加え、
柔軟性もあり、経験に縛られない若手技術者の積極的な参加によって育むことができます。

 

 

その基本となるのは技術チームミーティングでの積極的な発言。

 

 

それを促すことで、要素技術が育つ素地を準備できるでしょう。

 

 

ご参考になれば幸いです。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今日のワンポイントは、

 

 

「技術者のチームミーティングで若手が発言しない」

 

 

という時には、

 

 

「若手技術者に対し、君はどう思うと問いかけ、批判せずに最後まで意見を言わせる」

 

 

ということを心がけてください。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

⇑ PAGE TOP